お知らせ

3学年より

3学年のみなさんへ(6月1日の連絡)

登校日1日目について、追加で連絡します。

 

〇下足について

旧クラスの下足入れに入っていた、上履きや体育館履きは、新学年の旧クラス番号の所に入っています。

(例)2年1組1番→2101は3年1組1番→3101に入っています。

下足箱の中のものを持って、旧HRに来るようにしてください。

 

※当日は荷物を入れるかばんやリュック、筆記用具等を持ってくること。

 

3年生へ Google Classroomについて  【5月20日掲載】

 Google Classroomに投稿してある「Classroom参加状況調査」と「進路希望調査2020」が本日5月20日(水)までとなっています。まだの生徒は回答をしてください。回答してない場合、後日担任より連絡します。

 また、インターネットへの接続環境などがなく、Google Classroomへの参加が難しい場合、学校(担任または学年の先生)へ連絡してください。

 

新3年生の皆さんへ 【5月11日掲載】

 臨時休業が延長になったため、本日(5月11日)、新しい各種お知らせや課題などを郵送しました。受け取り次第、中身を確認してください。不足などがあった場合、学校に連絡してください。

新3年生・奨学金について

3学年のみなさんへ  日本学生支援機構奨学金について

 

   進学後の費用の件では、3年生のみなさんと保護者の方には大変心配されていることだと思います。今年度新型コロナウイルスの影響で学校側としてもなかなか動くことができず、本来であれば新学期に生徒向けに奨学金の説明をして、奨学金を必要とする生徒のみなさんに手続きを進めていく予定でした。臨時休校が5月まで及ぶ状況のなかで、奨学金についての今後の予定等についてお伝えいたします。

   すでに4月に各家庭に郵送したものの中に、「進学したいけれどお金のことが心配な高校生のみなさんへ」「奨学金ガイドブック2020」が入っていると思います。今提供できる情報はここに集約されていますので、まずは冊子をよく読んで奨学金の概要を理解しておいてください。詳細については、冊子に掲載されているQRコードを利用してください。なお、申込期間についてですが、当初、第1回締め切り5月31日、第2回6月30日の予定でしたが、今年度はコロナウイルスの影響で、最終的な締め切りが7月31日となりました。そこで、6月の学校再開後、すぐに説明会を開かせていただき、申し込みセットを配布いたします。臨時休校中に生徒のみなさんが、奨学金の手続きをする必要はありません。

 日本学生支援機構の奨学金については、高校在学中の予約採用で申し込みできなくても、大学等に進学後、給付奨学金も含め在学採用(進学先で申し込む)で申し込むことができます。ただ、予約採用・在学採用問わず、奨学金の入金は進学先の入学後となっておりますので、入学金を含めた初年度費用には間に合いません。初年度費用については、ご家庭でご準備をお願いします。

 給付型を考えている場合は資産要件・学業等に係る要件がありますが、進学先の学校が日本学生支援機構の奨学金制度(給付型)の対象校になっているかの確認もお願いします。(https://www.mext.go.jp/kyufu/support_tg.htmで確認できます)

 学校が再開されると、授業だけでなく進路先のことも決めなければならない中で、臨時休校の間に、進学費用や奨学金のことを、親子でよく話し合っておいてください。

新3年生のみなさんへ【5月1日掲載】

公務員志望の生徒へ

 

5月中に第一回公務員模試(無料)が実施される予定です。

受験希望者は、5月7日(木)までに以下のメールアドレスに連絡をしてください。メールを送った生徒には、5月8日(金)に学校から電話連絡がありますので、指示に従って申し込みを行うようお願いします。

 なお、勉強をせずに模試を受験しても、学習の成果を確認することができませんので、各自勉強を進めてから受験するようにしましょう。

 また、採用試験本番の申し込み方法や試験内容も順次発表されますので、自分で受ける試験については、自分でよく調べておきましょう。

 

 

 ※メールのタイトルは、「旧クラス・番号・名前」とすること。

 ※本文に、連絡のつく電話番号を記載してください。