2019年2月の記事一覧

ダイアモンド✡ユカイさんをお招きして【校長室だより・再録】

 12月17日に一度紹介した内容ですが、サーバーの更新に伴い読めなくなってしまいましたので、再度掲載します。

★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡

 12月17日(月)、埼玉県保健医療部健康長寿課による「妊娠・不妊に関する特別出前講座」として、助産師の櫻井裕子さん、そして「埼玉県こうのとり大使」のダイアモンド✡ユカイさんを講師にお迎えしました

 はじめに櫻井裕子さんから、妊娠のメカニズムや避妊、不妊についての基礎的なお話をいただきました。櫻井さんは県内のさまざまな場所で小中高生や大学生、保護者向けの性教育に取り組んでいて、AbemaTVでは「男子禁制!オトコの性教育」と題した番組にも出演していらっしゃいます。ネット上の話題から口コミに至るまで、世間にあふれる「性」に関する情報にはデタラメが多いというお話から始まり、正しい情報を知ることの大切さをさまざまなデータを使ってお話しくださいました。

 ダイアモンド✡ユカイさんは、「聞いてくれ!ボーイズ&ガールズ 知っていれば悔いはない!『不妊のこと』」と題し、ご自身の不妊治療体験に基づいたお話をいただきました。はじめに映画『トイ・ストーリー』日本語版の主題歌“君はともだち”を歌いながら入場してきたユカイさん。自分が男性不妊であることを知らされた時の驚きから始まり、奥様への思いやお子さんを授かった時の喜びを、約1時間にわたって聞かせてくださいました。不妊治療を経験することで、自分自身が両親からの「無償の愛」や思いやりの気持ちを持つことができた、というお話を生徒たちは聞き入っていました。最後にもう一曲、お子さんが生まれたときの思いを曲にしたという“ムクロジの木”をユカイさんに歌っていただき、本日の講座は幕となりました。

 櫻井裕子さん、ダイアモンド✡ユカイさん、そして県保健医療部健康長寿課のみなさん。今日はありがとうございました。