2020年8月の記事一覧

2学期 始業式 式辞 【8月24日掲載】

          2学期 始業式 式辞(8月24日(月))

 

 生徒の皆さんお早うございます。いくつかお話しを申し上げます。

 

 まず目標についてです。

 

 頭の中に、一本の横線を思い浮かべてください。横線は、例えるとすると「自分の現状」

又は「今の自分の置かれている状態」だと思ってください。横線のちょうど真ん中をつまん

で、上へ引っ張ると三角形となります。三角形の頂点が「目標」です。

 

 自分の置かれている現状より、高い所に目標は設定されます。

 目標の高さは、それぞれの人によって違います。

 

 2学期、あるいは2学期、3学期を通して、皆さんが自らの目標を目指して学校生活を送

ってほしい、と思います。

 目標を達成する計画について、私は、高校時代、おおまかな計画は頭で思い浮かべ、細か

い実現できていない部分はメモをして、達成するようにしました

 

 この2学期は 「中央フェスタ文化の部・体育の部」の開催が予定されています。文化的

な行事とは何なのだろう、体育的な行事とは何なのだろう、と考えを深めたり、試したりす

ることで、コロナ後の中央祭や体育祭がより充実しより深みを増す、その基となる行事になっ

てくれればいいな、と思います。

 

 ここまで考えてくれた、生徒会、文化祭実行委員会、体育祭実行委員会の皆さん、ご苦労

さまです。成功に向けて、是非、力を発揮してください。

 

 1学期に、PTAの方=お母様でしたが、「高校時代、修学旅行で初めての体験すること

ができ、色々なことを知ることができた。子供にも同様に経験させたい。修学旅行は、効果

の高い行事だと思います。」と仰っていました。

 2年生の修学旅行、例年そうですが事情で参加されない方がでることもあります。このこ

とについては、皆さんが自身が、お互いに、思いやりや優しい気持ちを持つことが大切である、

と思っています

 

 運動部・文化部の3年生の皆さん、ご苦労様でした。または、現在活動中の方もいますの

で、ご苦労様です。皆さんが2年生、1年生に残したもの、本校に残したものは、大きなも

のです。部活動をする中で「自ら掴みに行って、掴んだこと」を大切にしてください。これは、

一生の宝です。

 

 最後に、1学期、校長室からは、よく、体育の授業の様子が聞こえてきました。授業の最後

に言われたことを思い出しましょう。それはまず、手洗いを励行する、ということです。他に、

うがい、マスク着用、換気、ソーシャル・ディスタンスの確保、検温、をするということです。

 

 今日配付の「保健だより8月」にもあるとおり、新型コロナウィルス感染防止の取組を、今

学期以降も引き続き実施して行きます。以上で校長の話を終わります。

 

                       埼玉県立所沢中央高等学校長 石川 恭樹

 

1学年 1学期 終業式の辞 【8月11日掲載】

                              令和 2 年 8 月 7 日

 

              1学年 1学期 終業式の辞

 

 1学年の皆さん、高校の勉強についてどう感じましたか。高校の勉強は、教科書からも

分かりますが、とても難しいです。

 10段階で、7 8 9 10は、よい評価です。中学校時代と比較し、よい評価をもらえた

人もいるでしょう。1や2は、悪い評価です。悪い評価をそのままにして置くと、中学校と

違い、卒業することはできません。

    皆さんが、所沢中央高校で学ぶのは、「普通科目」が多いです。皆さんの友達で、商業高

校や工業高校へ行った人達が学ぶのは、「専門科目」が多くなります。

 学んですぐに役立つのが「専門科目」。これに対して、「普通科目」の方は「学んで何の

役にたつんですか」と言われたり、聞かれることが多い。

  大学、専門学校へ進学する、または就職する。その時に分かることですが、「普通科目」

は、「様々な場面で応用が効く」、「何に対しても幅広く役に立つ」。「特定のことという

より、何に対しても役立つ」学習内容だった、「何に対しても応用できる、その基礎となる」

学習内容だったと、その時、分かるのです。

  卒業後のことになりますが、「普通科目」をしっかりと学んでいる人は、「専門科目」を

学んでいる人に追いつき、追い越すこともできる、と言われています

  所沢中央高校では、この「普通科目」を、主に学ぶことになるのです。

  今回、1や2をもらった人は、抜け出てほしい。中位の評価の人は、上を目指してほしい。

良い評価の人は、維持をするとか、評価を突き抜け更に上を目指してほしい、と思います。

  そのためには 入学式でも言いましたが、「積極的、主体的に取り組む」、「熱中する」、

「一生懸命に取り組む」、「自ら掴みに行く」という、姿勢がたいへん重要になります。

  陽気で明るく見える人が積極的、静かで控えめに見える人は消極的、ということではないの

です。それぞれの人にそれぞれの仕方で、積極性、主体性の発揮の仕方はあります。

  今日は登校日で、すでに夏休みです。また、2学期も、「熱中する」「一生懸命に、脇目を

ふらずに取り組む」、「自ら掴み行く」という姿勢で、学校生活を送ってほしい、と思います。

  それともう1つ申し上げたいことがあります。次の年の1年生の募集人数を、校長は決めら

れません。埼玉県の教育委員会が、1年前に決めます。このたび、来年の1年生も8クラス規

模を募集することが決定しました。多くの中学生に受検してもらいたい、そして、皆さんのよう

に合格していただきたい。是非、所沢中央高校のことを、皆さん一人ひとりが伝えていただきた

い、と思います。

 1学期間ごくろうさまでした、また、2学期にお会いしましょう!

 

                       埼玉県立所沢中央高等学校長 石川 恭樹