2019年10月の記事一覧

調理実習【校長室だより】

 調理実習の授業を見ることができました。

 今日のメニューは「ピザ」と「ゼリー」。
 私の高校時代(今から40年以上昔のこと)、男子は家庭科を履修していませんでしたから、にこにこしながら生地をこねたり、具を刻んだり、ゼリーを作ったりしている男子生徒の姿が少しうらやましくもあります。

 ピザの具も班ごとにバリエーションがありましたけれど、今日のブームは「モチ」「明太子」。
 チョコレートを入れるという班もありましたが、ワタクシ的には微妙なところです。

 実習は「アクティブラーニング」の原点。
 そんなことを考えさせられました。

 

 

 

秋の植栽【校長室だより】

 25日(金)に行う予定だった秋の植栽。雨のため、今日28日(月)に行いました。

 3年生の美化委員を中心に、正門から正面玄関にかけての植え込みにたくさんの花を植えてもらいました。2週間ほど前に花壇に土を入れ、準備をしておきましたが、これまで例年になくたくさんの雨が降っています。今週からは天気も安定する予報ですが、しっかり根付いてくれるとよいのですが。
 それにしても日脚がずいぶん早くなりました。ちょっと油断するともう日が陰ります。

 

 

 こうした本校の植栽活動に対し、先日、日本教育公務員弘済会から教育研究助成金をいただくことができました。
 美化委員のみなさん、環境部の先生方。いつもありがとうございます。

職員救命講習会【校長室だより】

 10月17日(木)職員を対象に救命講習会が行われました。
 11月に行われる長距離大会を前に、AEDの使い方や胸骨圧迫、いわゆる心肺蘇生法についてもう一度、おさらいをしようという目的です。

 ダミーを使って胸骨圧迫の練習をしました。
 しっかりと押すためには姿勢や力の入れ具合が肝心です。
 万が一の時、とにかく適切な対応をとらなければなりません。
 受講する機会があればできるだけ受けた方がよいことがよくわかりました。

小学生とのスポーツ交流@中央小【校長室だより】

 10月16日(水)の3・4時間目、本校バレーボール部の女子生徒が、県の事業である「小学生とのスポーツ交流」でお隣の中央小学校におじゃましました。5年生体育の授業補助として、バレーボールのコーチをしてきました。こうしてみると、本校生のコーチングもなかなかなものです。
 中央小のみなさんも、バレーボールを楽しんでいるのがわかります。 

 中央小学校の先生方には、前回も学習ボランティアで本校生徒がたくさんお世話になりました。
 こういった機会を通じて、教職や幼児教育に関心を持つ者もたくさんいます。
 ありがとうございました。

ようこそ先輩!【校長室だより】

 今日の6時間目はおふたりの本校OBをお招きし、次のステップを踏み出そうとしている3年生にお話をしていただきました。

 おふたりはそれぞれ5期と9期の卒業生で、在学中は男子バレーボール部で活躍をされていたそうです。「挫折こそ成長のエネルギー」「失敗、後悔、挫折の連続が自分を成長させていく」「人は人 自分は自分」「過去の自分から今の自分へ」といったフレーズで、後輩たちにエールを送ってくださいました。

 生きていく上で大切なのは「人間関係」である、ということば。強く共感します。

数学研究授業【校長室だより】

 10月7日(月)2限、1年生の教室で数学の研究授業が行われました。
 協調学習を活用した授業で、数学科の実践はめずらしいとのこと。
 外部からも参観者を迎え、教員にとっても勉強になる時間でした。

 生徒の諸君も意欲的で、お互いに「教え合う」姿があちこちでみられました。