2019年3月の記事一覧

第3学期終業式【校長室だより】

 3月22日(金)は第3学期終業式。1年の締めくくりとなる1日です。
 校長からは次のお話をしました。
 また4月8日に、全員が元気よく登校してくることを楽しみにしています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 おはようございます。
 いよいよ、平成30年度も終わります。この1年を振り返ってみて、何か感じるところはあったでしょうか。
 こういう質問をしたときに一番寂しいのは、「別に」とか「特に」と言ってそっぽを向いてしまわれることです。照れくさいのをただ隠しているだけ、という人もいるようですが、せっかくこうして毎日を生きているのです。誰もが持っているはずの「驚くという才能」をもっと活かしてみては、と思います。

 「驚くという才能」ということばを聞いて、何か思い出した人はいませんか?
 そう、1年の国語の教科書の、いちばんはじめに載っている文章の題名です。筆者は児童文学者の清水眞砂子さん。ノルウェーの作家、ヨースタイン・ゴルデルが『ソフィーの世界』という小説の中で使った、「いい哲学者(これは清水さんによれば「人間」と置き換えることができるそうですので言い換えます)いい人間になるためにたった一つ必要なのは、驚く才能だ」ということばから始まる文章です。思い出しましたか?

 文章の中で清水さんは、「幼い子供」のことを例に挙げて、「子供たちにとっては見るもの、聞くもの、触れるもの、すべてが珍しく、驚きの対象」で、「初めて見る世界はどこも不思議に満ち満ちている」のに、「それから十年あるいは十五年もたてば」、つまりみなさんくらいの年齢になってしまえば、「今さら不思議がるべきものがどこに」あるだろう、「もうどこまでも退屈な人生が続くだけだ」としか思えない日がある、と言っています。

 思い出したでしょうか。あわせて、入学したばかりのちょっと緊張した毎日のことも思い出してみてください。高校という新しい世界は、何もかも新鮮で驚くことばかりだったはずです。こうした気持ちを、清水さんは「驚きをもって世界と対峙した(向き合った)喜びの記憶」と言い表しています。そして、「そのとき手にした」なぜ、どうしてという「問いを手放さないこと」が「希望を手放さないこと」につながるのであり、「問いを手放し、ものを見続けることをやめた人に、世界はどうしてその神秘の扉を開いてくれるだろう」とも言っています。
 先日、市内のある中学校の教頭先生から、登校中気分の悪くなった中学生を、中央高校の生徒4人が助けてくれた、というお礼の電話をいただきました。校長としてたいへんうれしいことです。こういったことの積み重ねが、中央高校に対する信頼を高めていくのだと思います。
 さっそく、4人のみなさんに校長室まで来てもらい、その時のようすを聞きました。「学校に遅れるかもしれない」ということは考えなかったのか、私から尋ねたところ、「動けなくなっている中学生を見て、自分が学校に遅刻することよりも、まずこの子を助けてあげるほうが先という気持ちになった」という答えが返ってきました。

 ここから先は私の推測なのですが、その時4人のみなさんは、自分の中にいつもと違う自分を見つけ、ちょっとした驚きを感じたのではないかと思います。困っている人をどうにか助けたいという自分の気持ちを発見し、素直に驚くことができたはずです。だからこそ、自分の遅刻も顧みず、声をかけ、介抱し、迎えの人が来るまでつきそってあげることができたのだと思います。

 4月からまた1年が始まります。見た目にはこれまでと同じことを繰り返す毎日かもしれませんが、一人ひとりの感じ方、受け止め方は少しずつ違うはずです。「自分自身への探検」や「周りの世界への探検」を通じて、誰もが持っているはずの驚くという才能を目覚めさせてみてください。そうして、なぜ、どうして自分はこんなふうに感じるのだろう、という問いを持ち、持ったらそれを手放さないでください。それはきっと、みなさん一人ひとりが世の中に出ていくときの「希望」になるはずです。

 ではまた、新学期の4月8日に会いましょう。それまで、お元気で。

2年生主権者教育【校長室だより】

 18歳選挙権が適用されてからもうすぐ2年になろうとしています。高校3年生で誕生日を迎えると、多くの人は選挙権を得ることになります。4月の統一地方選挙では、現在2年生である人たちの中にも、一票を投ずることのできる人がいるというわけです。

 3月18日、2年生を対象に模擬選挙を行いました。「所沢中央市長選挙」が行われるという想定で、3名の先生扮する候補者が選挙公報を示し、立会演説会を行って投票する、という本格的な内容でした。
 環境問題を訴える「太郎」候補、生活者の視点に立ったまちづくりを訴える「花子」候補、にぎわいのあるまちづくりを訴える「秀樹」候補。それぞれが示した政策をもとに、有権者である生徒諸君が投票をします。

 結果は「秀樹」候補の勝利。アウトレットパークの誘致という現実味のある政策が、若い有権者の気持ちを引き付けたようです。

歯科保健講座と自転車点検【校長室だより】

 3月14日(木)の1・2限、2年生を対象に歯科保健講座が行われました。本校の学校歯科医さんと歯科衛生士、お二人の先生による映像や実験を交えた、たいへん具体的なお話でした。
 虫歯をなくしましょう、歯を磨きましょうというだけの内容ではなく、歯や口の健康が運動能力や表情、さらには「自信」にまで関わってくるという内容で、たいへん関心を持ちやすいものだったと感じました。
 また、歯科衛生士の仕事についてのお話を切り口に、高校2年生として今考えてほしい進路や生活習慣に関することまでお話をいただくことができました。
 大人にとっても、得るところの多かった講座です。先生方、ありがとうございました。

 もう一つ、今日は自転車点検も行いました。
 本校はどのクラスも自転車通学をする生徒が30名以上はいます。担任の先生によるステッカー、記名、二重鍵、ブレーキ、ライト、カッパの確認をし、不備については後日再確認を行います。
 ここのところ県内で無施錠自転車の盗難が多く発生していること、ブレーキやライト、カッパの不備は事故に直結すること等をふまえての点検です。
 手軽に扱えるぶん、メンテナンスがいい加減になりがちな自転車です。事故防止の第一歩は適切な管理から。高校生による自転車事故がしばしば話題になる昨今です。自覚をもってほしいと強く感じます。

卒業式【校長室だより】

 3月13日(水)春のあたたかな日ざしの中、第37回卒業証書授与式が行われました。

 卒業証書授与の呼名にあたっては、3年1組の諸君がすばらしいスタートをしてくれたおかげで、全員が笑顔で大きな声の返事を聞かせてくれました。

 以下、校長の式辞です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 本日ここに、ご来賓ならびに保護者のみなさまのご臨席のもと、埼玉県立所沢中央高等学校 第37回卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもちろん、わたくしたち教職員にとりましても、この上ない喜びであります。

 ただいま卒業証書を授与した318名の諸君。ご卒業おめでとう。諸君は、担任の先生をはじめとする多くの先生方の、厳しくも愛情あふるる指導によく応え、日々の授業や部活動、折節の学校行事を通じ、多くの喜びと苦しみとを分かち合ってきたことと思います。

 この、所沢中央高校での学びを誇りとし、3年の間に積み上げた経験を大きな自信として、今後の毎日を力強く歩んで行ってください。

 ドイツの文豪ゲーテ曰く、「世界はこれほど大きく、これほど豊かであり、人生はこれほど多彩な光景を提供しているので、詩の主題は決して足りなくなることは無いだろう」。

 この大きく豊かな世界、多彩な人生に、これから踏み出そうとする諸君に、私からふたつ、はなむけのことばを送ります

 ひとつは「まず、できる理由から探そう」ということばです。わたくしたちはしばしば、はじめに「できない理由」から探そうとします。新しいことに手を出して、結果、どんな不都合が起こるかをはじめに考え、今の安定が崩れることを心配します。

 「まず、できる理由から探そう」というのは、実行することで何が手に入るのか、まず第一に考えようということであります。チャンスはわたくしたちの前を、いつのまにか通り過ぎてしまいます。「できない理由」ばかりを探し、うしろむきになってしまった者には、捕まえることはもちろん、その姿を見ることさえできません。

 もうひとつは「日々新面目あるべし」ということばです。これは、新潟出身の歌人 會津八一 が教え子に送ったことばで、「日々新たな姿を見出す生き方をせよ」という意味があります。

 日々、新しい姿を見出すことは、決して容易なことではありません。ともするとわたくしたちは、これまで通りのやり方にこだわり、新たな姿よりも慣れ親しんだ姿を好みます。まだ知らない世界や人生は、誰にとっても不安で、近寄りがたいものではあります。しかしながら、それらをいたずらに恐れることなく、まだ知らない世界や人生との出会いを驚き楽しむことが、むしろ諸君にとって新たな姿を見出すよい機会になると信じます。
 この大きく豊かな世界と人生の多彩な光景は、諸君がどれほど多くの発見をしようとも、尽きることなく、新たな驚きを諸君に与え続けるはずです

 諸君は今日までの3年間、「挨拶」時間」「規律」を重んじた毎日を過ごしてきました。なかでも皆勤賞45名の諸君は、入学以来3年間、一日の欠席、遅刻、早退もなく、日々新たな気持ちで学校生活を過ごしてきたことと思います。この皆勤賞に象徴される、まっすぐに前を向いた誠実な姿をもって、318名の諸君が今後、社会に貢献していくことを心より期待いたします。

 ここで、保護者の皆様にあらためてお祝いを申しあげます。卒業が本人の努力の結果であることは言うまでもありませんが、それを支えたご家族の励ましあっての今日と受け止めております。このことに対し、祝意と敬意を表したく存じます。あわせて、これまで本校に対しさまざまなお力添えをいただきましたことに、心からの御礼を申しあげます。

 結びに、本日ご臨席賜りましたみなさまに、衷心より御礼を申しあげますとともに、今後とも本校の教育の推進にご支援、ご協力を賜りますようお願い申しあげ、式辞といたします。

明日は卒業式だから【校長室だより】

 明日は卒業式。体育館では予行にあわせて同窓会入会式と表彰が行われました。

 同窓会入会式では1期生である会長さんから、目標を持って頑張ろう、というお話がありました。1万人を越える本校の卒業生がみなさんに注目し、見守っているという言葉には40年の重みがあります。
 同窓会からは今年も、卒業証書を入れる筒を贈っていただきました。ありがとうございます。

 表彰式では「埼玉県教育委員会表彰」「埼玉県体育優秀生徒表彰」「皆勤賞」「精勤賞」「高体連バレーボール専門部西部支部優秀選手表彰」のみなさんに賞状を渡しました。

 私が素晴らしいと思うのは皆勤賞となったみなさんです。今年は例年より多い45名が該当ということでした。3年間、1日の欠席、遅刻、早退もなく登校することは、決して容易なことではありません。それを成し遂げたみなさんは、本当にすばらしい。この成果を、ぜひ次のステップでも活かしていってください。

 明日の卒業式が、すべてのみなさんにとって思い出深いものとなりますように。