2019年2月の記事一覧

5年先、10年先の自分を豊かにするために【校長室だより】

 タイトルを見てなんだろうと思った方もいらっしゃるのでは。実はこれ、1年生のとある教室の黒板に書いてあったことばです。「5年先、10年先の自分を豊かにするために今の自分を生きよう」。いいことばだな、と思います。

 2月14日(木)の5・6限を使い、1学年進路ガイダンスが行われました。将来の職業を見据えた進路選択のために、それぞれの職業分野の体験を通して、「職業と進路」について考える機会とする、というのが目的です。

 そのせいでしょうか、分科会の中には「大学」や「短大」という講座がなく、すべて職業につながる内容でした。内容も、講義だけでなく、自分で手を動かして実際に体験するスタイルが目立ちました。

 2年後、大学や短大へ進むにせよ、その先には職業選択があります。今ある仕事でも、近い将来コンピューターにとって代わられるものがある、ということが話題になる今だからこそ、みなさんには「職業」を意識した進路選択をしてほしいと思います。

ダイアモンド✡ユカイさんをお招きして【校長室だより・再録】

 12月17日に一度紹介した内容ですが、サーバーの更新に伴い読めなくなってしまいましたので、再度掲載します。

★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡★✡

 12月17日(月)、埼玉県保健医療部健康長寿課による「妊娠・不妊に関する特別出前講座」として、助産師の櫻井裕子さん、そして「埼玉県こうのとり大使」のダイアモンド✡ユカイさんを講師にお迎えしました

 はじめに櫻井裕子さんから、妊娠のメカニズムや避妊、不妊についての基礎的なお話をいただきました。櫻井さんは県内のさまざまな場所で小中高生や大学生、保護者向けの性教育に取り組んでいて、AbemaTVでは「男子禁制!オトコの性教育」と題した番組にも出演していらっしゃいます。ネット上の話題から口コミに至るまで、世間にあふれる「性」に関する情報にはデタラメが多いというお話から始まり、正しい情報を知ることの大切さをさまざまなデータを使ってお話しくださいました。

 ダイアモンド✡ユカイさんは、「聞いてくれ!ボーイズ&ガールズ 知っていれば悔いはない!『不妊のこと』」と題し、ご自身の不妊治療体験に基づいたお話をいただきました。はじめに映画『トイ・ストーリー』日本語版の主題歌“君はともだち”を歌いながら入場してきたユカイさん。自分が男性不妊であることを知らされた時の驚きから始まり、奥様への思いやお子さんを授かった時の喜びを、約1時間にわたって聞かせてくださいました。不妊治療を経験することで、自分自身が両親からの「無償の愛」や思いやりの気持ちを持つことができた、というお話を生徒たちは聞き入っていました。最後にもう一曲、お子さんが生まれたときの思いを曲にしたという“ムクロジの木”をユカイさんに歌っていただき、本日の講座は幕となりました。

 櫻井裕子さん、ダイアモンド✡ユカイさん、そして県保健医療部健康長寿課のみなさん。今日はありがとうございました。



3年生を送る会【校長室だより】

 2月7日(木)の午後、3年生を送る会が本校体育館で開かれました。

 三送会実行委員長による開会宣言のあと、音楽選択者、吹奏楽部、演劇部、ダンス部による演技披露がありました。どの演技もお世話になった3年生に対する感謝の気持ちが感じられるものでした。

 続いてビデオレターと思い出映像のコーナーです。はじめに、入学当時からこれまでを振り返る映像が流れ、つづいて在校生、さらに転勤されたりご都合でお休みになっている先生方のメッセージが流れました。在校生のメッセージはどれもいいセンスを感じるものばかりでした。

 有志による出し物のあとはお待ちかね、3学年担任団の先生方です。安室奈美恵、ちびまるこ、ガリレオ博士から恋ダンス、最後はピンクレディーまで登場する演目に会場は大いに盛り上がりました。先生方、おつかれさまでした。本気になった時の大人の凄みを見せていただきました。

 最後は在校生が制作したステンドグラスの披露とくす玉。
 充実した時間でした。
 生徒会、実行委員のみなさん、ありがとうございました。