2018年7月の記事一覧

中央小学校でのボランティア体験【校長室だより】

 7月24日(月)・26日(木)・27日(金)の3日間、おとなりの中央小学校で行われた「夏休みチャレンジ教室」の学習支援ボランティアとして、本校から31名の生徒が参加しました。

 小学生が解いた問題のマルつけと簡単なアドバイスを中心に、連日約2時間の学習支援を行ってきました。特に将来、幼児教育等に関心を持つ生徒にとってはとてもよい機会だったようです。

彩の国進学フェアに参加しました【校長室だより】

 7月21日(土)・22日(日)の両日、さいたまスーパーアリーナで開催された「彩の国進学フェア」に今年も参加しました。

 来場者は2日間で51,780名。うち、所沢中央高校のブースには212組384名のみなさんがご来場くださいました。ありがとうございました。

 夏季休業中、本校では次の日程で部活体験入部と学校説明会を行います。たくさんのご来場をお待ちしております。
  7月28日(土)・8月4日(土)部活体験入部
  8月25日(土)10:00~11:30 第1回学校説明会 所沢市民文化センターミューズ 参加申し込み不要

中高生サイエンス広場【校長室だより】

 7月21日(土)、所沢市の生涯学習推進センターで行われた「中高生サイエンス広場」に、本校科学部のみなさんが「関東ローム中の鉱物観察」というテーマで参加しました。

 「わんがけ法」という、砂金をとるのと同じやり方で火山灰から鉱物を洗い出します。これが顕微鏡で見ると、まるで万華鏡をのぞいたような感じでとてもきれいです。


 2時の開場と同時にごらんのような盛況ぶりです。科学部員が洗い出しと顕微鏡の調整を手伝いながら説明をしています。
 自分の好きなことを、小学生にわかりやすく説明するのはけっこう難しいことだと思います。

救命講習会【校長室だより】

 7月20日(金)13:00から合宿所2階で、所沢東消防署の皆さんをお招きしての救命講習会が開かれました。参加者は、生徒、先生あわせて約50人でした。

 意識を失って倒れている人を発見したら何をしなければいけないのか、という問いかけから始まり、人工呼吸やAEDの使い方についての説明を受けました。学校内でも、あるいは街中でも、いつ、何が起こるかはわかりません。そういった不慮の事態にも可能な限り備えることが大切です。

 所沢東消防署のみなさんです。隣は、説明をうけているときの様子です。


 トレーニング用の人形です。胸部圧迫、人工呼吸、AEDの練習に活躍しました。
 まだまだ暑い日は続きます。大切なのは、万が一の事態に備えておくことです。

第1学期終業式【校長室だより】

 7月20日(金)は終業式でした。

 当初はアーチェリー部関東ブロック大会出場選手の壮行会や表彰も合わせて行う予定でしたが、体育館内の気温も高く、校長と生徒指導主任の講話のみの内容としました。

 校長からは、「9月の始業式、全員が無事、当たり前のように登校してくることを心から願っている」という話を、生徒指導主任からは「命の大切さ」に関する話をしました。悪いコンディションの中でしたが、生徒の皆さんはよく話を聞いてくれていたと受け止めています。

自慢の図書室です!【校長室だより】


 7月18日(水)の読売新聞に、こんな記事が掲載されました。

 本校にはとても素敵な、自慢の図書館があります。
 中央生が少しでも本に関心を持つように、司書の先生が中心になってさまざまな工夫をしています。

 場所は2階職員室の隣です。1年生から3年生まで、だれもが気楽に立ち寄ることができます。
 入口にある「利用予定」のホワイトボードですが、ここにはいつも授業での利用予定が書かれています。
 今日は授業がありませんので空欄になっていますが、普段は毎日必ず、どこかの時間で利用されています。
 
 緑色の紙に「図書館の本の借り放題」と書いてあるのが見えますか?
 そう、夏休み期間中は図書館の本が借り放題。好きなだけ読んでください、ということです。

 そこで登場したのがこんなコーナーです。
 「ナツイチ本」と銘打って、この夏おすすめの本が展示されています。
 そのほかにも1年生向けのコーナーや、新しく図書室に入った本の紹介コーナー等、「あ、これ読んでみたい」と思わせる工夫があちこちにされています。


 どのクラスも、文化祭に向けて準備が始まるところでしょう。『必ず盛り上がる文化祭ガイド』なんて本も紹介されています。

 本校自慢の図書室、おわかりいただけたでしょうか。
 夏休みの計画に、ぜひ読書の予定も入れてみては。

JICA(国際協力機構)のお話【校長室だより】

 7月17日(水)はもうひとつ、JICA(国際協力機構)から講師をお招きし、国際協力についてのお話を伺いました。

 講師でおいでになった方は中東のヨルダンで2年間にわたり環境教育に携わった経験をお持ちで、その時感じたことをベースに、なぜ日本は外国と協力する必要があるのかをお話しくださいました。食料自給率、エネルギー依存度、あらゆる点で日本は海外に頼らなければならない環境にあるということがわかるお話でした。

 今日の経験が、少しでも多くの人の気持ちを揺さぶるものになればいいと思います。

オープンキャンパス参加のすゝめ【校長室だより】

 7月17日(水)1限、2年生を対象に株式会社進路情報ネットワークから講師をお招きし、進路ガイダンスを行いました。テーマは「オープンキャンパス参加へ向けて」。

 大学にせよ、専門学校にせよ、学校見学は絶対に必要です。特に2年生のこの時期だからこそ、いろんな学校を見学し、自分の将来をかけるにふさわしい学校かどうかを研究してほしいと思います。

 大事なのはそこが本当に自分の「行きたい」学校なのかどうかです、というお話がありました。気が付けば高校生活も半ばです。それぞれの立場から、自分の将来を考えていきましょう。

ダンス部校内公演【校長室だより】

 7月17日(火)の12:30から、体育館フロアにてダンス部による校内公演が行われました。
 この公演は3年生7名の引退公演ということもあり、2月と6月の大会で演技した曲と、1年生が入部後最初に覚える曲の合計3曲が披露されました。
 暑い中、たくさんの観客が集まりました。
 
 時間にして約10分間の公演でしたが、3年生にとっては最後のステージということもあり、とても気持ちのこもった演技を観ることができました。

グループワークによる職業調べ【校長室だより】

 7月17日(火)、1年生は学年集会に引き続き、グループワークによる職業調べを行いました。

 ライセンス・アカデミーから講師の先生をお招きし、4人程度のグループに分かれパズルワークによる職業調べです。 


 カードの表面には職業や資格の名称、裏面にはその解説が書いてあります。それらを読みながら、パズルシートに書いてある内容に合う職業のカードを置いていきます。こうしてさまざまな職業について知り、自分が興味関心を覚えるものについて見ていこう、というものです。

 今日も体育館は大変暑い状態でしたが、1年生は全員真剣に取り組んでいました。