2018年7月の記事一覧

中央小学校でのボランティア体験【校長室だより】

 7月24日(月)・26日(木)・27日(金)の3日間、おとなりの中央小学校で行われた「夏休みチャレンジ教室」の学習支援ボランティアとして、本校から31名の生徒が参加しました。

 小学生が解いた問題のマルつけと簡単なアドバイスを中心に、連日約2時間の学習支援を行ってきました。特に将来、幼児教育等に関心を持つ生徒にとってはとてもよい機会だったようです。

彩の国進学フェアに参加しました【校長室だより】

 7月21日(土)・22日(日)の両日、さいたまスーパーアリーナで開催された「彩の国進学フェア」に今年も参加しました。

 来場者は2日間で51,780名。うち、所沢中央高校のブースには212組384名のみなさんがご来場くださいました。ありがとうございました。

 夏季休業中、本校では次の日程で部活体験入部と学校説明会を行います。たくさんのご来場をお待ちしております。
  7月28日(土)・8月4日(土)部活体験入部
  8月25日(土)10:00~11:30 第1回学校説明会 所沢市民文化センターミューズ 参加申し込み不要

中高生サイエンス広場【校長室だより】

 7月21日(土)、所沢市の生涯学習推進センターで行われた「中高生サイエンス広場」に、本校科学部のみなさんが「関東ローム中の鉱物観察」というテーマで参加しました。

 「わんがけ法」という、砂金をとるのと同じやり方で火山灰から鉱物を洗い出します。これが顕微鏡で見ると、まるで万華鏡をのぞいたような感じでとてもきれいです。


 2時の開場と同時にごらんのような盛況ぶりです。科学部員が洗い出しと顕微鏡の調整を手伝いながら説明をしています。
 自分の好きなことを、小学生にわかりやすく説明するのはけっこう難しいことだと思います。

救命講習会【校長室だより】

 7月20日(金)13:00から合宿所2階で、所沢東消防署の皆さんをお招きしての救命講習会が開かれました。参加者は、生徒、先生あわせて約50人でした。

 意識を失って倒れている人を発見したら何をしなければいけないのか、という問いかけから始まり、人工呼吸やAEDの使い方についての説明を受けました。学校内でも、あるいは街中でも、いつ、何が起こるかはわかりません。そういった不慮の事態にも可能な限り備えることが大切です。

 所沢東消防署のみなさんです。隣は、説明をうけているときの様子です。


 トレーニング用の人形です。胸部圧迫、人工呼吸、AEDの練習に活躍しました。
 まだまだ暑い日は続きます。大切なのは、万が一の事態に備えておくことです。

第1学期終業式【校長室だより】

 7月20日(金)は終業式でした。

 当初はアーチェリー部関東ブロック大会出場選手の壮行会や表彰も合わせて行う予定でしたが、体育館内の気温も高く、校長と生徒指導主任の講話のみの内容としました。

 校長からは、「9月の始業式、全員が無事、当たり前のように登校してくることを心から願っている」という話を、生徒指導主任からは「命の大切さ」に関する話をしました。悪いコンディションの中でしたが、生徒の皆さんはよく話を聞いてくれていたと受け止めています。