温かい心持ちの夜でした【校長室だより】

 5月2日(水)に所沢市民文化センターミューズで行われた吹奏楽部第13回定期演奏会を聴きに行きました。雨の中、会場にはたくさんの方がおいでくださいました。

 第1部はコンサート・スタイルで『マーチ・エイプリル・メイ』『花の歌』『SEDONA』の3曲が演奏されました。どの曲もしっかりしたアンサンブルで、お互いがよく聴きあっている、とても密度の濃い演奏でした。合間に曲の説明もはさみつつ、バックの色の変化にもご注目。


 第2部は『Make her mine in swing』から始まりました。ノリのいいナンバーで、いろいろな楽器のソロ演奏がカッコよかった! 2曲目は『にじいろ』。NHK連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌となった曲です。


 第3部はぐっとカジュアルに、身近な曲が続きます。1曲目は『がむしゃら行進曲』。テレビドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』の主題歌だとか(ごめんなさい、知りません)。途中、パンフレットの裏面にある番号の抽選会があり、サプライズゲストでイモトアヤコさん?が登場。さらに、夏の大会では毎年吹奏楽部からの力強い応援を受けている野球部が、今日は立場を変えて会場を盛り上げます。盛り上げ上手の野球部は絶対強い。今年の夏は楽しみだ!
 2曲目は『J-Best 2017』と題したヒットメドレーで、舞台上も客席も一緒になって楽しむことができました。

 終演後、外はあいかわらずの雨でしたが、温かい心持ちで帰途につくことができました。どうもありがとう。