歯科保健講座と自転車点検【校長室だより】

 3月14日(木)の1・2限、2年生を対象に歯科保健講座が行われました。本校の学校歯科医さんと歯科衛生士、お二人の先生による映像や実験を交えた、たいへん具体的なお話でした。
 虫歯をなくしましょう、歯を磨きましょうというだけの内容ではなく、歯や口の健康が運動能力や表情、さらには「自信」にまで関わってくるという内容で、たいへん関心を持ちやすいものだったと感じました。
 また、歯科衛生士の仕事についてのお話を切り口に、高校2年生として今考えてほしい進路や生活習慣に関することまでお話をいただくことができました。
 大人にとっても、得るところの多かった講座です。先生方、ありがとうございました。

 もう一つ、今日は自転車点検も行いました。
 本校はどのクラスも自転車通学をする生徒が30名以上はいます。担任の先生によるステッカー、記名、二重鍵、ブレーキ、ライト、カッパの確認をし、不備については後日再確認を行います。
 ここのところ県内で無施錠自転車の盗難が多く発生していること、ブレーキやライト、カッパの不備は事故に直結すること等をふまえての点検です。
 手軽に扱えるぶん、メンテナンスがいい加減になりがちな自転車です。事故防止の第一歩は適切な管理から。高校生による自転車事故がしばしば話題になる昨今です。自覚をもってほしいと強く感じます。