2年生実力診断テストの振り返り【校長室だより】

 中間テスト2日目、ベネッセ・コポレーションから講師をお招きし、2年生の実力診断テスト振り返りを行いました。
 最初にあった2つの話が印象に残ります。

1 「これから生きる社会は、みんなの親世代とは全く違う」
 これまで日本の社会は、最初に入った会社を一生続けることがあたりまえでした。しかし、これからは違います。「子どもたちの65%は、大学卒業後、今は存在していない職業に就く」「今後10~20年程度で、約47%の仕事が自動化される可能性が高い」といった欧米の学者による予測もあり、「同じ仕事を60歳になるまで続ける可能性は極めて低い」のです。

2 だからこそ今「意識してほしいこと」
 これからの社会で求められるのは
 ①最低限仕事に必要な基礎学力
 ②社会に出ても日々学び続ける力
 ③高校生活の頑張りが、そのまま「生き方」のクセになる。3年間で自分が成長していることが大事

 3年間トータルで考えなければならない、ということがよくわかるお話だったと思います。