自慢の図書室です!【校長室だより】


 7月18日(水)の読売新聞に、こんな記事が掲載されました。

 本校にはとても素敵な、自慢の図書館があります。
 中央生が少しでも本に関心を持つように、司書の先生が中心になってさまざまな工夫をしています。

 場所は2階職員室の隣です。1年生から3年生まで、だれもが気楽に立ち寄ることができます。
 入口にある「利用予定」のホワイトボードですが、ここにはいつも授業での利用予定が書かれています。
 今日は授業がありませんので空欄になっていますが、普段は毎日必ず、どこかの時間で利用されています。
 
 緑色の紙に「図書館の本の借り放題」と書いてあるのが見えますか?
 そう、夏休み期間中は図書館の本が借り放題。好きなだけ読んでください、ということです。

 そこで登場したのがこんなコーナーです。
 「ナツイチ本」と銘打って、この夏おすすめの本が展示されています。
 そのほかにも1年生向けのコーナーや、新しく図書室に入った本の紹介コーナー等、「あ、これ読んでみたい」と思わせる工夫があちこちにされています。


 どのクラスも、文化祭に向けて準備が始まるところでしょう。『必ず盛り上がる文化祭ガイド』なんて本も紹介されています。

 本校自慢の図書室、おわかりいただけたでしょうか。
 夏休みの計画に、ぜひ読書の予定も入れてみては。