中高生サイエンス広場【校長室だより】

 7月21日(土)、所沢市の生涯学習推進センターで行われた「中高生サイエンス広場」に、本校科学部のみなさんが「関東ローム中の鉱物観察」というテーマで参加しました。

 「わんがけ法」という、砂金をとるのと同じやり方で火山灰から鉱物を洗い出します。これが顕微鏡で見ると、まるで万華鏡をのぞいたような感じでとてもきれいです。


 2時の開場と同時にごらんのような盛況ぶりです。科学部員が洗い出しと顕微鏡の調整を手伝いながら説明をしています。
 自分の好きなことを、小学生にわかりやすく説明するのはけっこう難しいことだと思います。