「命」について考える【校長室だより】

 7月17日(水)に1学年の沖縄修学旅行の事前学習会を行いました。
 沖縄への修学旅行では、平和学習の一端として戦争の悲劇を学びます。
 今回はさらに一歩踏み込み、「命」について正面から取り上げる時間となりました。

 若くして病気で亡くなった男性が子どもに宛てた手紙。
 彼の最期の様子を主治医の目から綴った手記。
 それらが、担任の先生たちによって朗読されました。
 沖縄戦で亡くなった方の手記も、紹介されました。

 「命」を手掛かりにしたことで、生徒のみなさんには戦争の悲劇がより具体性をもって伝わったのかもしれません。
 書いてもらった感想には、さまざまな思いが記されていました。
 ほんの一部ですが、目に留まったものを紹介します。

◎ 命は自分ひとりのものではなく、他人のためのものでもあると思った。

◎ 
とてもつらいことだったり苦しいことだったけれど、すべてを受け入れて最後まで生きぬいた人をすごく尊敬しました。

◎ 
「死」を克服するのは「愛」だ、という言葉がすごく心に刺さった。今、自分がどれほど家族に愛されているのかが簡単に想像がついて胸がいっぱいになった。

◎ 
一人の人が死ぬだけで大きな悲しみとか後悔があるということに改めて気づかされた。一人の死でも大きなことなんだなと感じた。

◎ 
死ぬことは周りの人たちに心を強くゆさぶることがよくわかりました。

◎ 
死は他人事ではないし、もし、自分の身近な人が病気で死んでしまったら、と考えると、泣きたくなりました。

◎ 
沖縄で戦争をしていたのは知っていたけど、これほどつらい事だったのをあらためて知った。

◎ 
人の命にはたくさんの人の思いがあると知った。

◎ 
生と死、戦争、平和、余命、病気、目標、家族。全体として普段からあまり考えないことを今回考えさせられる時間になりました。