令和3年度 第1学期終業式 御挨拶 【7月21日(水)掲載】

 令和3年度第1学期を終了いたしました。生徒の皆さん、御苦労さまでした。

保護者の皆様、地域の皆様、お世話いただき、ありがとうございました。以下

に校長講話の内容を掲載いたします。

 

                - 校長講話 -

 生徒の皆さん、お早うございます。今日で1学期が終了します。

 昨年度は、1学期の終了は7月31日、登校日の終了が8月7日、2学期開始が8月24日、

と非常に短い夏休みでした。

 今年度は、通常の日程で1学期が無事終了し、1年生2年生の遠足、3年生の宿泊行事も無事

終了、遠足・宿泊行事後のコロナ感染もないようです。皆さんの行動が良かったのでしょう。

良かったと思います。

 

 高校での授業、勉強、将来何の役に立つのですか。という質問があります。工業高校や商業高校

の授業、勉強は、確かにすぐに役立ちそうです。

 本校、つまり普通科の高校では、10年後、30年後、40年後の人生のあらゆる場面で、応用

の効く、または、就職した時、進学した時に応用の効く、その基礎となる科目を、勉強をして学力

をつけてもらっています。

 

 基礎科目を、しっかり勉強することで、卒業後、後から専門科目を勉強するようになっても、

工業高校、商業高校、看護高校で勉強した人達に、早い時期に追いつくことができる、とも言われ

ています。

 

 このような一生使える基礎的な知識、基礎的な学力を3年間に渡って授業でつけてもらっている

訳ですから、勉強は1学期だけ一生懸命やれば良い、ということにはならない訳です。

 

 授業では、ペアやグル-プで、調べることや意見を述べることに重きを置くようになって来ても

います。みんなで取り組む、調べる、意見を持つ、ということが人生では特に必要とされ、人生を

切り開くために絶対に必要だからです。

 

 ですから、このような姿勢・力を付けるために行っているのですから、授業は3学期の終わりまで

しっかり取り組みましょう。

 

 高校生活の中で、特にコロナ禍ということもあるので、夏休み中も不安を持って生活を送る生徒

さんも、いるのかも知れません。持っている不安について、周りの大人、担任の先生をはじめとする

先生方に相談をするようにしてください。

 

 7月20日(火)から、埼玉県のまん延防止等重点措置の対象区域に18区域が追加され、計20

区域になります。所沢市も含まれます。終了の期間は、8月22日(日)が予定されています。夏休み

中も、コロナ対策にしっかりと取り組むようにしてください。

 

 また2学期にお会いしましょう。以上で校長の話を終了します。