離任式 ~あなたはどんな大人になりますか?~ 【校長室だより】

 4月19日(金)6限に離任式が行われました。
 3月で本校を離れた先生方6名がおいでになり、中央生にたくさんのメッセージをのこしてくださいました。
 いつも思うことですが、離任式でのコメントは在校生に対する心からの励ましばかりです。
 6名の先生方のお話から。

「去年の体育祭のフィナーレは素晴らしいものでした。目一杯やることが所中ワールドへ行く近道。1年生もぜひ頑張ってください。」

「教師を志したのは、中央高校での友人や先生との出会いや、部活動での充実感があったから。母校で最初の教員生活を送ることができて本当に幸せでした。」

「中央高校は自分の夢を実現できる学校です。自分の思ったことを最後まであきらめなければ、必ず誰かが助けてくれます。」

「中央高校は先生方が本当に熱心で、愛情あふれる学校です。なにより、先生方に笑いが絶えない。」

「授業、部活動、学校行事、生徒会。中央高校には一生懸命取り組める場がたくさんある。世界を見ると、みなさんと同世代で、より多くのハンデを抱えた人たちが頑張っている。負けないでほしい。3年間、自分はここで頑張ったと言えるようになってください。」

「高校時代の私は自分が教員になるなんて考えたこともなかった。そんな私がこれまで教員を続けてこられたのは、目の前の生徒たちが一生懸命がんばる姿と共に一日一日、一年一年を過ごすことができたから。」

「“どの学校?”とか“どの会社?”とか、そういう進路を考えることも大事だけれど、みなさんにはもう一つ大事な進路があります。それは“あなたはどんな大人になりますか?”ということです。」

 心に残る「最後の授業」、ありがとうございました。