5年先、10年先の自分を豊かにするために【校長室だより】

 タイトルを見てなんだろうと思った方もいらっしゃるのでは。実はこれ、1年生のとある教室の黒板に書いてあったことばです。「5年先、10年先の自分を豊かにするために今の自分を生きよう」。いいことばだな、と思います。

 2月14日(木)の5・6限を使い、1学年進路ガイダンスが行われました。将来の職業を見据えた進路選択のために、それぞれの職業分野の体験を通して、「職業と進路」について考える機会とする、というのが目的です。

 そのせいでしょうか、分科会の中には「大学」や「短大」という講座がなく、すべて職業につながる内容でした。内容も、講義だけでなく、自分で手を動かして実際に体験するスタイルが目立ちました。

 2年後、大学や短大へ進むにせよ、その先には職業選択があります。今ある仕事でも、近い将来コンピューターにとって代わられるものがある、ということが話題になる今だからこそ、みなさんには「職業」を意識した進路選択をしてほしいと思います。