フロアボールU-19世界選手権に熊谷将君【校長室だより】

 フロアボール、というスポーツをご存知でしょうか? 1970年代にスウェーデンで生まれた、スティックを使ってプラスチック製のボールを相手チームのゴールに入れて得点を競う球技、だそうです。ちょっと見るとホッケーのようなイメージです。

 この種目のU-19世界選手権代表に、本校3年生の熊谷将君が選ばれ、9月25日から30日まで、ニュージーランドのウェリントンでの大会に参加しました。

 結果は、対オーストラリアが4対4、対ニュージーランドが8対8でいずれも引き分けだったものの、来年5月にカナダで行われる本大会に出場できることとなりました。熊谷君によれば、「本大会でもメンバーに選ばれるよう、これからもがんばりたい」とのことです。

 世界を目指して頑張れ!