校長室だより

スーツの着こなしは?【校長室だより】

 11月30日(金)の6時間目、3年生は剣道場で「スーツの着こなし」についての講習会です。

 モデルをよく見ると、なんと、男女ともに中央生ではないですか!
 けっこうきまってます。

 学ランとの違いから始まって、スーツを着る上で知っておいたほうがいいマナーの話を聞かせていただきました。
 どの道に進むにせよ、いずれ社会人ともなればフォーマルな着こなしは大切ですからね。

アクティブに学ぼう!【校長室だより】

 アクティブ・ラーニングの手法をとり入れた日本史の授業を行うということで、教室に行ってみました。
 新しい学習指導要領のキーワードとして「主体的・対話的で深い学び」ということばがよく使われます。これを実際の授業の中で実現する手法としての「アクティブ・ラーニング」が注目されています。
 今回の授業は、終戦直後の状況を記した教科書の記述をもとに、生徒が自ら「問い」を立て、自分たちで調べまとめて答えを出す、という手順で行われました。

 黒板に張り出された「問い」を見ると、「戦争犯罪とは何か?」「A級戦犯28名は東京裁判でどのように審理されたのか?」「GHQはなぜ間接統治の方法を取ったのか?」「大日本帝国憲法の修正内容とは?」等々、なかなか一筋縄ではいかないものばかりです。




 調べ学習は教室、または本校自慢の図書館で班ごとに行います。奥には司書の先生の姿が見えます。わからないところはアドバイスをいただきながら、何冊かの参考書を突き合わせ、自分たちで答えを考えていきます。
 ちなみに、最後の写真には「消しかす入れ」と書いてありました。本校の図書館はいろいろな教科・科目でよく使われています。ノートの消しかすをちらかさないように、全部のテーブルに置かれています。


 最後はそれぞれの班ごとに発表です。多少濃淡はありますが、どの班もよく調べ、よくまとめていました。
 三人寄れば文殊の知恵。一人でやるばかりが勉強ではありません。チームでやるのもなかなかよいようです。

全国高校アーチェリー選抜大会出場!【校長室だより】

 平成31年3月26日から静岡県で開催される第37回全国高等学校アーチェリー選抜大会に、本校2年生の平野正志君が県代表として推薦されることになりました。

 この大会は全日本アーチェリー連盟、全国高等学校体育連盟主催で行われる高校アーチェリーの全国大会で、高校野球で言えば春の選抜大会のような位置づけになるのだそうです。また、JOCジュニアオリンピックカップも兼ねて実施されるとのことで、いわば将来のオリンピック選手育成を目的とした場でもあります。

 これまでの通算成績をもとに、平野君は全国大会への推薦をいただきました。この大会を足掛かりとして、さらに大きくはばたいてください! 

全校長距離走大会【校長室だより】

 今季一番の冷え込みとなった11月21日(火)。すばらしい青空のもと、第39回全校長距離走大会が開かれました。
 通信基地の周囲を、男子は7.5km、女子は5.7kmを走ります。

 長距離走大会では、参加者一人ひとりに達成感を持ってほしいと思っていました。
 走り終えたみなさんの顔を見ると、みんなとてもいい笑顔で、それぞれやり遂げたという気持ちがあふれていました。
 どんなことであれ、自分のペースを守りながらベストを尽くすことが大事です。
 1年生、2年生のみなさんはまた来年、この大会で。
 3年生のみなさんはそれぞれが次のステージで。
 今日の経験を活かしていってください。

 熱い声援を送ってくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。




双六で「鴻門の会」【校長室だより】

 2年生の古典で「双六(すごろく)」を採り入れた授業をやる、ということなので行ってみました。

 教材は司馬遷の『史記』から「鴻門の会(こうもんのかい)」。高校の漢文では必ずと言っていいほど扱う、定番中の定番教材です。
 覇権を争う項羽と劉邦。秦の都、咸陽(かんよう)を治めた者が王となります。二人は先を争いつつ、咸陽の手前「鴻門」という関所で出会い、お互いの腹を探り合う、というストーリーです。
 今日の授業では二人がそれぞれ咸陽目指してたどったルートを双六にあてはめ、二人が「鴻門」で出会うまでのいきさつやその人となりを学ばせることが目的でした。

 それぞれ班に分かれて双六に興じたあと、課題に取り組み、黒板で発表するという授業でした。板書の内容を見ると、どの班も的確に内容を捉えていました。
 古典の授業としてもたいへん意欲的な取組でした。

保育の授業で紙芝居【校長室だより】

 11月15日(木)3年生の選択授業「保育」に、ボランティアの紙芝居上演を所沢市内で行っていらっしゃる方を先生にお招きしました。

 私が教室をのぞいた時、ちょうど『少年と子だぬき』という紙芝居を上演していました。赤とんぼを歌う子どもたちを、萩の茂みからそっと見つめるたぬきの子。たぬきの子は、ある日人間の世界へ行ってみたくなり、お母さんに人間の姿に変えてもらいます。そこを通る自転車を見ていたら、自転車が何かにすべって男の子が砂利道に放り出されます。それを見ていたたぬきの子は・・・

 新見南吉に『てぶくろをかいに』というおはなしがあります。人間の世界へ手袋を買いに行くきつねの子のおはなしです。ちょっと、それを思い出すような、とても暖かいおはなしでした。

 この日教室にいたのは、将来保育士や幼稚園教諭を目指す人たちばかり。みんな、先生の穏やかな語りかけに時間を忘れて聴き入っていました。ありがとうございました。

新旧生徒会役員引継ぎ【校長室だより】

 11月15日(木)に新旧生徒会役員の引き継ぎが行われました。ここまで一年間、学校を引っ張り、まとめてきてくれたみなさん、ありがとうございました。そして新たに役員となったみなさん、これからよろしくお願いします。

 前会長はなかなかの話上手で、私はいつも感心していました。今回の話も、自分がなぜ生徒会とかかわることになったのか、という内容でした。最初は運動部でマネージャーを考えていたそうですが、生徒会と関わるうちに「生徒会は学校のマネージャーだ」と思うようになり、会長まで引き受けた、という話でした。

 新会長のあいさつも、「学校をみんなでよりよいものにしていこう」という気持ちがよく伝わるものでした。1,000人近い数の生徒を代表し、学校のためにいろいろな取組を進めるのはとても大変なことですが、同時にとてもよい経験にもなると思います。

野球部三送会【校長室だより】

11月11日(日)、野球部の3年生を送る会にお招きをいただきました。

午前中は3年生チームと新チームの交流戦。3年生は久しぶりのユニフォーム姿ということでしたが、ブランクを感じさせない動きをみせていました。


お昼は食堂で、昼食を兼ねた送る会が開かれました。
3年生から1・2年生への言葉が述べられ、「冬の間しっかり鍛えて勝てるチームに」といった励ましが送られました。

真ん中の写真は、3年生から、お世話になったお母さん、お父さんたちへの花束贈呈です。
3枚目は、3年生から先生方への記念品贈呈。ここまでの活動を記録したアルバムが贈られました。


野球部の活動を支えてくださっているみなさまには、心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

写真展に入選!【校長室だより】

第35回埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展で、本校2年生の小名木結稀さんの作品が自由部門で優秀賞に選ばれました。

題名は『これは偽物です。』
何が「偽物」なのか、わかります?
別になんの変哲もない、どこにでもいそうな犬の写真ですが・・・

そう。実はこの「犬」が偽物なんです。
ちょっと右手を添えただけなのに、まるで本物の犬のように見えるから不思議です。
小名木さんの「やわらかあたま」に拍手!

生徒会行事【校長室だより】

11月8日(木)の6時間目、15日(木)に開催される後期生徒総会に向けた議案書提示と次期生徒会役員の立会演説会が行われました。
議案書提示では今年の行事総括と、会計の中間報告が行われました。

また、次期生徒会役員の立会演説会では、「今よりももっといい学校にしたい」「中央高校でよかったとみんなが言える学校に」といった、とても頼もしい発言が候補者から続きました。