校長室だより

演劇部新人公演【校長室だより】

 7月16日放課後、本校の視聴覚室にて演劇部の新人公演が行われました。
 視聴覚室に暗幕を張り、カーペットを敷き、照明を入れるとなかなか本格的なアトリエになります。照明で立体的に浮き上がるキャストの姿。とても大きく見えるから不思議です。

 上演作品は『もう一人のわたしとともに』『ルナとテラ』の2本。最後にはダンスも入り、約30分の短い上演でしたが、とてもいい時間を過ごすことができました。
 雨の中おいでくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。

それぞれの達成感【校長室だより】

 夏の高校野球埼玉大会、本校野球部は西武文理高校に1対8で敗れました。残念です。

 部活動を通じて達成感を持つことが大切、と私は考えています。もちろん、勝つことは大きな達成感につながりますが、それ以外にも、たとえば以前は打てなかった球が打てるようになるとか、捕れなかった球が捕れるようになるとか、仲間同士の信頼感が高まるとか、部活動を通じて得られる達成感には人それぞれ、いろいろなものがあるはずです。みなさんはどうでしたか?
 今日から、1・2年生は来年に向けて、3年生は卒業後の進路に向けて、それぞれの達成感を得られるようがんばってください。

 一生懸命応援してくれた吹奏楽部、ダンス部のみなさん。毎日の練習を支えてくださる父母会の皆様。ありがとうございました。

追記
 あとで聞いた話です。一般の方から、「黄色いTシャツを着た中央高校の生徒のバス乗車マナーがとてもよかった」というおほめの言葉が学校にあったそうです。

夏の高校野球開会式【校長室だより】

 今日は全国高校野球選手権埼玉大会の開会式。本校野球部の諸君も、にこやかに、元気に入場してきました。

 明日11日(木)航空公園球場での第1試合、西武文理高校との対戦です。
 昨年は考査期間と重なってしまい、ちょっと応援がさびしかったのですが今年はだいじょうぶ。
 元気なプレーを期待しています。
 

球技大会@3年生【校長室だより】

 期末考査が終わり、恒例の球技大会です。静かだった校内に、生徒の歓声が響きます。

 今日9日は3年生の球技大会で、男子はソフトボールとバスケットボール、女子はバスケットボールとサッカーの組み合わせ。晴れ渡った青空のほうがいわゆるインスタ映えはするのでしょうが、プレーする諸君にとってはこのぐらいの天候のほうがいいようで、ナイスプレーも続出します。

 どのクラスも体育祭の団Tシャツで出場していますので、グラウンド、体育館とも見た目非常に華やかです。

 3年生にとって一番気がかりな期末考査が終わり、少しリラックスしたいところでしょう。けがしないように!

雨の朝 保護者の皆様へのお願い【校長室だより】

 期末考査2日目の朝は激しい雨に見舞われました。考査の開始時刻についてちょっと心配しましたが、ほとんどの諸君が遅刻せず登校してきました。いつもは自転車の人がバスだったり、そのバスも少し早めの時刻に乗ったり、それぞれが雨の日対策を考えた結果です。

 バスで出勤した職員によると、今朝は航空公園駅での様子もよかったとのこと。きちんとつづら折りで並び、順番を乱す様子もなく、朝から気持ちよくバスに乗れた、という話をしてくれました。数日前、バス乗車マナーについて地域の方からご意見をいただき、生徒指導部の先生を中心に乗車指導を行ってもらいましたが、生徒諸君もそのことを意識してくれたようです。

 うっとうしい天候ですが、ちょっとうれしい朝でした。

 ここで、保護者の皆様にお願いがあります。
 雨天時、しかも考査ということもあり、お車にてお子さんの送迎をしてくださる方もいらっしゃいます。本当にありがとうございます。
 その際、けがや体調不良、あるいは大きな荷物を持っているといった特別な事情がある場合を除いて、正門から少し離れたところで乗り降りさせるようお願いいたします。特に8時30分前後は多くの生徒が登校してきます。安全確保の観点から、ぜひご配慮いただければと思います。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

今日から期末考査【校長室だより】

 7月3日(水)から本校では第1学期の期末考査が始まりました。登校してくる諸君の顔も、少しいつもより緊張気味です。特に3年生のみなさんにとっては進路に直接かかわる大きな試験ということもあり、ノートや単語帳に目をやりながら歩いてくる人もいます。気持ちはわかりますが、そこはぜひ、安全第一で。

 いろいろな意味でいつもとは違う毎日が続きます。自分自身がベストを尽くせるように過ごすことが大事なのは当然ですが、家族や友人、地域の方々など、周囲への気遣いも忘れないでほしいと思います。

ダンス部全国大会へ!【校長室だより】

 6月28日(金)にエスフォルタアリーナ八王子で行われたダンスドリル全国高校選手権の地区大会。本校ダンス部はポム部門ミディアム編成の部で2位となり、8月に大阪で開かれる全国大会への出場を決めました。

 ダンス部はふだんから、学校説明会や地域での活動に力を入れてくれています。そういったこともあり、私にとっては心から嬉しい結果です。
 全国大会、ベストを尽くせるようがんばってください。

オトマツ降臨!【校長室だより】

 6月26日(水)に本校野球部メンバーが、西武ライオンズの元ピッチャー松沼雅之さんからご指導をいただく機会がありました。私のようなオールドファンにとって、創成期の西武ライオンズの有名選手であり、お兄さんの松沼博久さんと共に「アニヤン」「オトマツ」と呼ばれ、親しまれた選手です。

 かつては元プロ野球選手の指導を高校生が受けるのは大変難しい事だったようですが、今は一定の資格や基準を満たせばよいということで、本校の部員たちにとってはまたとない機会でした。

 下の写真は会場の川越初雁球場で撮った記念の1枚。前列中央、懐かしのライオンズユニフォームでポーズをとるのが松沼さんです。

 いいなあ!

野球部激励会【校長室だより】

 6月30日(日)野球部父母会の皆様が開いてくださった夏の大会に向けた激励会にお招きをいただきました。

 敵に勝つ、カツカレーをふるまっていただいたあと、部員一人ひとりから大会に向けたあいさつがありました。やっぱり3年生のことばはそれぞれ重みがありましたが、特にキャプテンの「2年生のおかげでチームがある」ということば、感動しました。

 また、マネージャーの皆さん手作りの千羽鶴やマスコットも素晴らしい出来栄えでした。グラウンドに立つ選手はもちろん、チーム一丸となって勝利に向かっていってくれることと思います。

欲張れ3年生【校長室だより】

 体育祭準備については今日から午後7時が完全下校。3年生はどの教室も残ってダンスの練習をやっています。団によって完成度はまちまちですが、今日のところはまず3年生の中でしっかり練習しましょう、という雰囲気です。

 一方、体育館でも大会に向けた練習に力が入ります。3年生はこれが最後の大会、という部も多いようで、表情も引き締まっています。

 学校行事でも部活動でも、3年生が一番輝く時期です。勉強、部活動、体育祭。思いっきり欲張ろう。

放課後の校内【校長室だより】

 中間考査が終わり、放課後のにぎわいが戻ってきました。

 まずは「春の植栽」です。2週間前に土と肥料を入れた花壇に、美化委員が日日草とペンタスを植えこみます。
 参加した美化委員の諸君はてきぱきと手際よく、自分の分担が終わると他のエリアも積極的に手を出してくれました。
 グラウンドわきの花壇に約300鉢、部室脇に約30鉢、生徒用玄関脇が約160鉢で、全部合わせると500鉢近い数になります。
 幸い今日は気温もそれほど上がらず、無事終了しました。
 少したつと、正門から校舎にかけてきれいに咲きそろいます。
 ご来校の折にお楽しみください。




 ふと上を見上げるといつもはカギがかかって入れない屋上に人の姿。さっそく行ってみました。

 3年生の卒業アルバム写真の撮影です。
 いつもは人の出入りのない屋上がにぎわっていたせいでしょう、隣の小学校の生徒がこちらに向かって手を振っています。
 こちらはもう少し晴れているとよかったかな。

 それでも屋上から見る景色は格別です。
 グラウンドではサッカー部の練習。生徒用玄関脇の花壇では植栽作業が続いていました。

考査前日【校長室だより】

 明日5月24日(金)から中間考査が始まります。放課後の教室には残って勉強をしている人の姿が見えます。職員室前の廊下には質問に答える先生の姿も。

 4月からあっという間の毎日だったと思いますが、ひとまずここまで学習したことを振り返る試験です。それぞれでベストを尽くしてください。

 考査が終われば体育祭。それを励みにがんばりましょう。

部活動対抗リレーに向けて【校長室だより】

 昼休みに部長会が開かれました。内容は体育祭の部活動対抗リレーについて。

 本校体育祭部活動対抗リレーには「スピード部門」と「パフォーマンス部門」があります。これまで私が知っている他校では、「パフォーマンス部門」だけ、というところが多かったように思います。

 それはそれで、たとえば柔道部が畳を運びながら投げ技をかけあって走るとか、吹奏楽部が演奏しながら走るとか、見ていて楽しめるのですが、やっぱり本気のスピードレースが見たい。優勝が陸上部ではなかったり、文化部がけっこう速かったり、意外な展開になることもよくあります。

 さて、今年はどんなレースになるのでしょう。今から楽しみです。

状況を見ながら考える【校長室だより】

 昨日に続き登校時に感じたことを書きます。

 今日21日は関東地方も朝からかなり強めの雨が降る、という予報がありました。

 いわゆる事故につながるトラブルはなかったようですが、バス利用の諸君は相当の遅れになってしまいました。いつもなら航空公園駅8時14分のバスでも間に合うようですが、今日のような天気ではまず、間に合いません。いつもより30分程度は余裕を見ないと厳しいのではないでしょうか。その点はどんな交通手段も同じだと思います。

 朝、学校に来るだけのことではありますが、その時に何をどうすればよいのか、いつも状況を見ながら考えることでつく「力」もあるはずです。

 もしかするとそれが「生きる」上で一番大事な力かもしれません。

あと5分【校長室だより】

 毎朝正門に立っていると、同じ時間に同じ人が登校してきます。本校では始業直前に校歌(歌なし)が2回流れるのですが、2回目あたりに登校してくる諸君はそれなりに慌てた様子でやってきます。あとちょっと早く家を出れば、余裕を持って登校できるのに、と思います。

 先日、たまたま通りがかった近所の方から、「高校生は、ものすごい勢いで来るからねえ」というお話をいただきました。その方は、お子さんが30年ほど前、本校に在籍していたということで、「まあ、うちの子もぎりぎり10分前にならないと家を出なかったけどさ」ともおっしゃってました。

 加害であれ被害であれ、事故になってしまったら状況によっては命にかかわるようなケースだってありえます。

 あと3分、いや5分早く家を出てほしい。

保護者のための進路分野別相談会【校長室だより】

 5月18日(土)PTA・後援会総会後、保護者のための進路分野別相談会が開催されました。

 以前は保護者向け講演会という形で実施していましたが、もっと細かいところまで話を聞きたいという要望を受け、昨年度から分野別の相談会という形をとっています。大学・短大・企業のほか、専門学校については本校で希望者が多い4分野から講師をお招きし、30分ずつ2回に分けてお話を伺える機会としました。事前の参加希望者だけで150名を超え、当日は用意した200部近い資料がすべてなくなるという盛況ぶりからも関心の高さが伺えます。

 本校の卒業生は大学・短大・専門学校・就職にまんべんなく進路を求めます。だからこそ在学中、「なぜ」学ぶのか、「なぜ」その進路を選ぶのか、一人ひとりに考えさせる必要があるのだと思います。機会を見て、ご家庭でも話題にしてみてください。

やらなければ始まらない【校長室だより】

 5月9日(金)に3学年進路ガイダンスが行われました。先日の2学年対象のものとは異なり、それぞれのジャンルに分かれた中でより具体的に、「今何をすべきか」ということが話題の中心だったように受け止めました。

 印象的だったのは、推薦・AO入試についての話の中であった「自分から主体的に動こうとしない人間を取る大学はありません」という講師の一言でした。うーん、確かにその通り。そのためには、「なぜ、どうして自分はそこを目指すのか」自分自身が納得しないと、主体的に動くことは難しいはず。

 今年、埼玉大学にAO入試で合格した先輩は見事でした。いろんな先生に食いついて、小論文や面接の指導を受けていました。校長室にも面接練習を申し出てきました。関係ありそうな本は図書室で片っ端から読んでいました。見ていて気持ちがいいくらい「がつがつ」「がっつり」勉強していました。

 「やればできる」ではなく、「やらなければ始まらない」のです。

自分の言葉で考える【校長室だより】

 「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。」
~マイケル・A・オズボーン准教授(オックスフォード大学/人工知能研究)~

 これは今日の6時間目、2年生実力テスト振り返りの中で紹介された言葉です。運転手のいない自動車。店員のいないコンビニ。人間でなければできないと思われていた仕事であっても、いわゆる「A.I.(人工知能)」の導入による無人化が実現されつつあります。
 お話しくださった先生によれば、「与えられたタスク(仕事)をいかに速く・効率的にこなすか」が求められたこれまでに対し、「新たな価値を生み出す」ことがこれからは求められていくのだそうです。
 勉強でも部活動でも、与えられた課題をこなすだけでなく、自分の言葉で考えながら取り組んでいくことがますます重要になるはずです。

 そんなことを考えていたら、一人の3年生が校長室を尋ねてきました。
 ある校則について「どうしてそうなのか?」という疑問を話してくれました。
 「決まりだから」で終わらせず、「なぜ」「どうして」と一歩踏み込んで考えていたのはとてもうれしいことでした。
 高校生のそういった疑問に対し誠実に応じることが、自分の言葉で考えるひとを育てることにつながると実感しました。

遠足の朝【校長室だより】

 5月15日(水)は遠足。1年生は長瀞でバーベキュー、2年生は修学旅行集合のリハーサルも兼ねて都内班行動、3年生は定番の東京ディズニーシーというメニューです。

 1年生は学校集合。8:10には全員が集合し、予定より少し早めに出発することができました。思ったより天気も良く、欠席遅刻なしという上々のスタートです。

 2年生、3年生はそれぞれ現地集合。
 元気に、事故なくいってらっしゃい。

テニス部県大会【校長室だより】

 5月12日(日)の埼玉新聞に、テニスの県大会の結果が出ていました。

 団体戦、男子は1回戦まででしたが、女子は2回戦まで行くことができたようです。

 以前、テニス部の顧問から聞いたことですが、「中央のテニス部はあいさつとコート整備をきちんとできる」という評価を他校の顧問からいただくそうです。

 そういうことが少しずつ、結果にもあらわれてきているようですね。