学力向上への取り組み

大学の授業を体験しよう

▲大学の授業を体験してみよう

 

◎上級生への進級を前に、学問の世界を楽しむ、勉強へのモチベーションを高める、小論文や面接のヒントをつかむ、眠っている好奇心をよびさます・・・を目的に、今年も3月11日・17日に2つの講座を実施しました。
腰部の構造と筋の働き  文京学院大学保健医療技術学部  中俣修先生
 実際に腰を曲げたり伸ばしたりしてその働きを体感しながら、腰部と下半身の働きの関係などをわかりやすく学ぶことができました。ダンス部、バドミントン部、柔道部が参加してくれました。
「サッカー・ドイツ語・経済学  駿河台大学経済学部 明石真和先生
 先生自身の有名なサッカー選手との出会いを織り交ぜながらのなごやかな講義でした。興味あることがらを窓口にして、疑問をもって自分で調べていくのが大学での学びであることを強調され、参加したサッカー部員も楽しく受講することができました。
 写真は、先生の高校時代のユニホームとペレとベッケンバウアのサイン。

出前授業

▲所沢中央中学校出前授業
 
所沢市立中央中学校の2年生対象の出前授業に行ってきました。全体会では、柏俣教頭による「高校とは?」と本校の学校紹介を行い、その後各教室で、本校4名の教諭による出前授業を実施しました。 

久津間教諭(理科・地学)「大地明察‐地学のとびらをひらく‐」(中央中周辺の地形模型の作成実習を中心に、所沢の歴史などに触れながら、市内の地形についての授業)

田村教諭(理科・生物)「スペイン領ハプスブルク家における遺伝形質」(歴代のハプスブルク家頭首の肖像画を使い、遺伝的特徴から遺伝形質についての説明)

岩田教諭(国語詩を読む(吉野弘I was born本校校歌作詞者の詩を題材に、人生を語る授業

柴田教諭(英語)「地球温暖化の原因はウシだった?」(地球温暖化とウシの関係の英文を使い、協調学習による英語学習)

中学生は、それぞれの授業に楽しみながらも、熱心に取り組んでいました。
   
    

2年進路ガイダンス

▲2年生進路ガイダンスが行われました
 
 
◎2年生の進路ガイダンスが1月30日5・6時間目に行われました。
2年生になってから3回目、今回は「大学や専門学校の授業を体験する」がテーマです。
経済・法律・心理・幼児教育・外国語・工学・栄養・看護・スポーツなど28講座の中から志望する分野の授業を2講座選び体験しました。
 志望する進路も具体化し、各教室とも真剣にとりくむ姿がみられました。 

大学入試センター試験プレテストの実施

▲大学入試センター試験プレテストの実施 
 
◎大学入試センター試験まで1ヶ月を切りました。いよいよ試験までの追い込み時期となりました。当日の試験に備え、校内でプレセンターテストを実施し、現在の実力を分析すると共に、マークシートにもなれることができる機会になります。12月17日(火)・18日(水)に実施し、1月7日(火)にも実施することになっています。試験当日と同様の雰囲気の中、生徒は真剣に取り組んでいました。
  

夏期補講

▲夏期補講 真っ盛り
 恒例の夏期補講・補習が行われています。
今年は、21講座、延べ318名が参加。
3年生の進学補講だけでなく、1.2年生対象の講座(国語・英語)も多く開講されています。
また、自習室も2教室開放されていますので、活用してください。
 

学力向上への取り組み
 自主ベン(勉)のススメ
 
 
自主的な学習を勧めるための取組として、3学年学年団+進路指導部が「天声人語」「Let’s Read an article」のプリントを週2~3枚作成し、生徒の自主的な学習を促しています。
     〇朝ベンは・・・会議室へ(7:30~)
     〇夜ベンは・・・化学室へ(~19:00)